日本語学校 学校法人 岡学園 大阪文化国際学校

日本語@Osaka
日本語教師ブログ »日本語学校ブログ 日本語@Osaka

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 40 | 41 | 42 | 43 || Next»

先輩・後輩

 本校では、卒業生がよく帰ってきます。以前は生活や大学の提出課題の作り方の相談が多かったのですが、最近は就職が決まったという報告が増え、本当に嬉しいです。また、なかなか故郷へ帰れない中国などの学生にとってここは、小故郷のようです。「近くまできたから・・」とやって来て暫く雑談や近況報告して帰っていきます。
 そして、卒業生と在校生の結びつきもとても強いです。卒業しても定期的にのぞきに来て、同郷の後輩を励ましたり参考書を貸してやったり・・。また、在校生も、頑張って有名大学へ入学した先輩たちをとても尊敬していて、よく言うことを聞きます。
大学受験の時期などは、後輩が自分の大学を受験しに来ると聞いた卒業生たちは、電話の声しか知らぬ後輩を朝早くから校門の前で待ちます。これは後輩にとって、この上ない励ましだと思います。
このような関係がこの先もずっと続いて欲しいと思います。

将来の夢

 中上級クラスでは、ゴールデンウィーク前から、一人30分くらいずつ、大学進学のための個人面談を行っています。3,4年前までは、自分の夢を具体的に語ってくれる学生はあまりいなかったのですが、今年の学生は、「日本の大学で環境デザインの勉強をして、中国に帰国したあと、中国の国民に環境改善という考え方を紹介したい。」とか「日本の大学で観光学と経営学を学んで、日本人の素晴らしいホスピタリティーの精神を中国で活かしたい。」など、とてもしっかりした夢を語ってくれています。
 私たち教師にとって、この学生たちの夢の実現のためのお手伝いをさせてもらえる喜びが一番のやりがいかもしれません。
「さあ、みんな、志望大学合格に向けて、明日も日本語の勉強をがんばろうね!!」

入学一ヶ月

 4月に入学した新しい学生が、日本の生活一ヶ月目を迎えようとしています。
ゴールデンウィークはどこか行きましたか、と訊ねても多くの学生が「どこも行きませんでした」と教科書の通りに答えていました。
 中国からの学生はなかなか帰国できないので、毎年5月はホームシック気味の人も増えますが、今年はなぜか結構元気なようです。
 韓国からの学生は、早くもこの連休に帰って来たと言っていました。寮に残った学生が一週間でちょっと太ったようなので、彼のお腹をつっついて「日本の食べ物、美味しいですか」と聞いたら「連休は寮で毎日1人、ビールを飲んでいましたから」
帰った学生も「私も国で毎日ビールを飲んでいましたよ」・・。みんなお休みはビールなんですね。私もそうでした。

広州にて

日産

 今、中国広東省の広州に来ています。この地区は、日本の企業がたくさん来ており、現地の人が、「広州の経済が良いのは、日本企業がたくさんあるから」と言うくらいです。写真はホテルのフロントにある、日産専用の予約窓口。

インドネシアにて2

記念撮影 踊り

 今日は、インドネシアジャカルタにある国立高校から招待されました。学生がとても暖かく迎えてくれました。インドネシアの伝統的な踊り、劇、歌などをしてくれ、とても感激しました。この高校では、第二外国語で日本語を勉強するそうで、皆日本語で話しかけてきました。日本人と会うのは、私が初めてだそうです。

続きを読む

インドネシアにて

ジャカルタ

 今、インドネシアのジャカルタに、学校説明会に来ています。写真は、ジャカルタの大学で日本語を勉強しているクラスの学生と一緒に撮ったものです。日本の企業がジャカルタにたくさんあることもあって、日本の企業に就職するために、熱心に日本語を勉強している学生が、たくさんいました。

相撲部屋に

 本日、本校で勉強していた、内モンゴルの学生が学生が来校しました。 この学生は、本校を卒業してから、九重部屋という相撲部屋に入りました。 名前は、千代白龍。  
本校は今まで2千人以上の卒業生がいますが、相撲部屋に“入学”したのは始めてです。

横綱になれることを、期待します。

麺の食べ方

 「麺」は世界中に色々な種類のものがあります。
 日本人の私たちは、「つるつるっ」「ぞぞぞっ」と啜り込む感触も含めて麺を楽しんでいると思います。 面白いな、と思ったのは本校の留学生の食べ方です。啜り込む食べ方をしている人はとても少ないです。
 中国から来て二年目の劉さんや趙さんは、「散り蓮華」の中に少量の麺とスープを入れて、そこへ具を載せて食べました。日本人が大皿から手塩皿に少量取り分けて食べる感じに似ています。
 台湾から来た王さんは、どんぶりの中に二本の箸を突っ込んでクルクル回し、さながらスパゲッティのように食べていました。
 でも、みんなカップヌードルを食べるときは日本人と同じです。そして、彼らもみんな、時々むせています。

ベルギーからのビジネスマン

 先週からプライベートレッスンを始めたKさん。少しの単語を知っているだけの状態で始めました、とても熱心で楽しそうにレッスンを受けています。
 先日、奥さんが自転車で転んで怪我をされたので、「~痛い?」「手伝おうか」など、教えてあげたら、「とっても便利」と喜んでくれて、何回も復唱していました。
 帰ったら、すぐ使おうと思っているようです。とても優しく、ほほえましいです。

総合科目対策授業で・・・ 

 春休みに入ってからも・・・留学試験のための総合科目の授業をしています。今日は経済の授業。「市場経済、計画経済、そして、今は混合経済・・・」「物だけではなく、サービスを売るのも立派な経済活動」というと、「先生、中国のサービスは完全に市場経済です。」と・・
「だって、金額によってレストランのサービスは全然違うよ」と・・GNP.GDP.NI・・と難しい言葉が続くとさすがに疲れたようですが、それでもみな、お互いに肩や背中をたたきあって、がんばっている姿をみて・・私のほうが、春休みなのにごめんなさいと言いたくなるほど・・
春休みも勉学に真剣に取り組む学生達です。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 40 | 41 | 42 | 43 || Next»
フィードメーター - 日本語学校 大阪文化国際学校